英会話教室の選び方

幼児期に英語を教えるべき?教室とオンラインどっちがおすすめ?

幼児期の英会話教室

英会話は習い事としても人気の一つですが、幼児期に英語は必要なのでしょうか?

最近では0歳から英語教材に触れあっているという事例も多く聞くようになりました。

ここでは、早期英語教育のメリットデメリット、英会話教室オンライン英会話スクールの違いについてご紹介します。

幼児期の英語教育の必要性について

以前は、中学生になってから英語教育を開始するのが当たり前でした。

しかし、現在は小学校から英語教育が始まる為、英語を学習し始める時期が早くなっています。

特に、ここ何年かで小学校に入学して早い段階から公立でも英語学習が開始されるといわれているのです。

私立の小学校ではすでに英語教育を導入している所も見られます。

これらの現状を踏まえて幼児のうちから英語に親しませたいという親が増えているのです。

英語は、言語なので、自然に会話ができるようなレベルになる為には幼児期からの学習が必要だという人も多くなっています。

このような観点から、早い方で0歳から英語の幼児教室に通うことも珍しくなくなってきました。

言葉が完成していない幼児期の英語が後からの英語学習に役立つという考え方が広まりつつあります。

英語早期教育のメリット

英語を早期教育で始めるメリットには次のようなものがあります。

・英語の発音を覚えやすい

・英語の理解度が高くなる

・気長に英語学習ができる

・感情表現が豊かになる

・臨機応変な行動がとれる

英語を早期教育する事によって、このようなメリットを感じやすくなります。

特に、乳児期から英語に親しんでいる場合、一般の子供より英語の発音や理解度が高くなるでしょう。

早くから英語を学習する事で小学生前になって英語の知識を詰め込んで勉強する事も無く、自然な流れで学習できる為、英語を嫌いになる確率も低くなります。

また、英語圏の思考も理解できる環境だと英語を話せたり書けたりするだけではなく、欧米の人達の考え方にも影響を受ける子どもが多いです。

例えば、英語を幼児期から早期教育する事によって自主的に行動したり、感情表現が豊かになったり、臨機応変に物事を勧める事ができる子供へと成長していきます。

小学校での英語

小学校の英語小学生の英語は、以前に比べて格段にスタートする学年が早くなっています。

以前は、中学校から英語の学習をスタートしていた為、小学校高学年になってからローマ字などの学習を徐々に始めるような感じでした。

今は、私立の小学校を中心に入学後の早い段階で簡単な単語から英語学習を始めているケースも増えています。

英語に入りやすい環境を作ることから英語への抵抗を和らげ、本格的な英語学習の下地とする為です。

公立の小学校でもこの傾向は高まっていて、試験的に小学校3年生くらいから授業に英語を取り入れている学校も増えつつあります。

特に小学校受験などを考えているご家庭では、小学校で英語学習を始める学年が早くなるので、乳児の早い段階から英語を学習する事で、入学してから他の子供と差が付くことが少なくなります。

増えているオンライン英会話スクール

オンラインスクールってどんなもの

乳児向けの幼児養育英会話教室などが人気になっていますが、その中でも今注目されているのがオンライン英会話スクールです。

一般的な幼児養育英会話は、英会話教室に生徒を集めて外国人教師などが指導しますが、オンライン英会話スクールの場合、インターネットを使って英語の学習を行います。

つまり、自宅で幼児養育英会話が学習できるだけではなく、外出先でもインターネット環境があれば幼児養育英会話ができるのです。

いつでもどこでも幼児養育英会話が学習できるので、幼児教室に子供を送迎できない方や、共働きなどで忙しい方でもオンライン英会話スクールならばデメリットも少なくなります。

オンライン英会話スクールなら地域格差も無く、現在、どんどん増えている状況です。

どちらがいいの?英会話教室とオンライン英会話スクール

英会話教室のメリット・デメリット

英会話教室の様子

「英会話教室のメリット」

・直接アクセントのコツや会話方法を指導してもらえる

・英会話の流れなど理解しやすい

・判らない場所をすぐに質問できる

・様々なコースから選択できる

英会話教室のメリットは、直接英語を指導してもらえるという事です。

英会話のスキルを早く身に付けたい人や自分のレベルに合った英会話を学習したい人なら英会話教室のメリットは大きいです。

「英会話教室のデメリット」

・費用が高くなりがち

・教室まで通わなくてはならない

・教室の開講時間に合わせる必要がある

英会話教室のデメリットは、自分の都合に合わせるのが難しいという事です。

個人レッスンは別になりますが、集団で授業を行うタイプの英会話教室の場合、授業も時間も決まっていて、指定の場所まで行かなくてはなりません。

個人レッスンだとかなり費用も高くなります。

オンライン英会話スクールメリット・デメリット

オンライン英会話スクール

「オンライン英会話のメリット」

・いつでも好きな時間に英語学習ができる

・何度でも学習できて便利

・費用が割安

・自宅で学習できるので通わなくて良い

・ネイティブの英会話が聞ける

オンライン英会話の場合、いつでも好きな時に英語学習ができるのが最大のメリットです。

費用も英会話教室に比べると割安で、何度でも繰り返し学習ができます。

外国人講師の授業を格安で受けたいならオンライン英会話がおすすめです。

「オンライン英会話のデメリット」

・インターネット環境が無いとできない

・直接指導はしてもらえない

・質問などすぐに聞けない

・パソコンやスマホなどの機器が必要

オンライン英会話は、1人だけに授業をするのではなく、複数の人向けになっています。

直接指導ではないので質問などをするのも難しいです。

パソコンなどの機器やネット環境が無いとオンライン英会話はできません。

選ぶ際のチェックポイント

英会話教室とオンライン英会話スクールどちらが自分に向いているか、よく比較してから選ぶようにしましょう。

例えば、ご両親が共働きで多忙な為、送迎が難しいようなら、オンライン英会話教室がおすすめです。

お母さんが専業主婦で、送迎も可能なら英会話教室でも良いでしょう。

とにかく安く英会話を子どもにさせたい場合は、オンライン英会話が良いですし、少し費用は高くても外国人講師に直接教えてもらいたいなら英会話教室が良いかもしれません。

他にも、英会話教室なら、自宅から近いか?病気や用事で休んだ場合どうなるか?などもオンライン英会話と比べてチェックポイントにすればよいでしょう。

かならず見てね

おすすめ
おすすめ英会話教室
おすすめ英会話教室

近年、幼児養育英会話教室などが人気になっていますが、その中でも今注目されているのがオンライン英会話スクールです。 英会話教室とオンライン英会話スクール、それぞれにメリットデメリットがあるので、どちらが ...

❏こちらの記事も人気があります

200view
ママと一緒に幼児教室

幼児教室を選ぶ際、まず気になることは学べる内容だと思います。 年齢ごとにできるようになったほうが良いこと、適した環境は異なります。 近所に幼児教室があり、気軽に通えるのであれば、ぜひ体験教室に参加して ...

230view
集中力を付けられる時期

4歳になると、身体のバランスが取れ、おしゃべりも上手になります。 身の回りのことがある程度自分でできるようになるので、赤ちゃんの頃を思うとすっかりお兄さん・お姉さんになったなと思う時期です。 また、保 ...

106view
おすすめ英会話教室

近年、幼児養育英会話教室などが人気になっていますが、その中でも今注目されているのがオンライン英会話スクールです。 英会話教室とオンライン英会話スクール、それぞれにメリットデメリットがあるので、どちらが ...

35view
幼児教室のプログラミング教室とは?

2020年から、小学校ではプログラミングが必修化されることが決まりました。 これを見越して、幼児教室としてのプログラミング教室が増えているのをご存知でしょうか? こちらでは、プログラミング教室に幼児が ...

44view
自宅で学習する小学生

小学校のお子さんをお持ちの親御さんの中には、家で子供が家庭学習をしないことに悩んでしまっている方も多いのではないでしょうか。 通信教育や学習塾、家庭教師など小学生の勉強スタイルも色々あると思いますが、 ...

-英会話教室の選び方

Copyright© 幼児教育なび|心と身体の成長を幼児教育でしっかりサポートおすすめ幼児教室 , 2020 All Rights Reserved.