コラム

自転車に子供が乗れるようになる簡単な練習法とは?

自転車に乗れるようになる方法

公園で自転車の練習をしている子をたまに見かけます。

すぐに乗れてしまう子もいれば、いくらやってもうまくいかない子もいるので、どのように教えればよいか悩んでしまいますね。

こちらでは、子供が安全に素早く自転車の乗り方を覚える為の練習法についてまとめてみましたので参考にしてください。

どんな子でも自転車に乗れる!簡単な練習法

どんな子でも自転車に乗れる!簡単な練習法子供はある程度の年齢になると補助輪なしの自転車に乗りたがりますが、どのように教えればよいか悩んでしまいます。

こちらでは、子供が安全に素早く自転車の乗り方を覚える為の練習法についてまとめてみましたので参考にしてください。

事前準備(安全に練習するために)

まずは、自転車に乗る前に事前準備をしましょう。

安全に自転車の乗り方を練習するためには次のようなものが必要です。

ホームセンターなどで販売されています。

  • ヘルメット
  • ひじあて
  • ひざあて
  • 手袋

自転車の練習でケガをする子はたくさんいます。

昔は、自転車で転ばないと上手に乗れないというくらいケガが多かったです。

今は、ケガをさせないように自転車の練習をするのが普通なので、安全対策をキッチリ行いましょう。

自転車で転んでケガをしそうな所にはプロテクター(ひじあてやひざあて)をしておくとケガ防止になります。

ケガをしなければ痛くないので、子どもも怖がらずに自転車の練習ができるでしょう。

手袋も手をついてケガすることがありますから、できるだけさせてください。

真夏以外は、擦り傷防止の為長そで長ズボンを直用してから練習させた方が良いです。

ヘルメットは子供の頭にサイズが合うものを使用してください。

ヘルメットが大きすぎたり小さすぎたりすると、転んだ時外れることもあります。

サイズがピッタリ合うヘルメットをつけて、しっかりベルトが締まっているかも大人が確認してください。

練習場所

次のような練習場所が子供の自転車練習には良いです。

  • ある程度広い場所
  • 転んでもケガしない場所
  • 人に迷惑をかけない場所

この3つの条件が当てはまる場所が、一番自転車練習には良いでしょう。

例えば、公園などの広場で子どもの自転車練習を行っている人は多いです。

人にぶつかる心配がなく、転んで大声を出しても周りに迷惑をかけません。

公園が無理なら、小学校の運動場や校庭でも良いでしょう。

学校によっては自転車の乗り入れを嫌がる場合があるので確認しておいた方が良いです。

河川敷なども自転車練習にはうってつけの場所です。

車が入ってこられないような場所で安全に自転車練習をしてください。

家の前の私道も自転車練習にはおすすめですが、自動車が通る場所なら、必ず大人が付いて練習させるようにしましょう。

ペダル、補助輪なしで練習する

自転車の練習方法は色々ありますが、今まで乗っていた補助輪付きの自転車を少々改造する必要があります。

まずは、自転車の補助輪とペダルを取ってみましょう。

レンチを使って回せば簡単に補助輪とペダルを外すことができます。

どうしても難しい場合は、自転車屋さんに持っていって外してもらいましょう。

ペダルが無かったら、自転車を動かせないと思われる方も多いですが、自転車にまたがり、足をついて進みます。

これを何度か繰り返すと、自転車に乗った時、自分の体を水平に保とうとします。

バランス感覚が養われる為、自転車が倒れる回数も減らせるのです。

すぐにペダルを付けるのではなく、ペダルを付けずに十分乗れるようになるまでしっかり練習させた方が良いです。

時間をかけてバランス感覚を覚え、自転車が倒れないということに身をもって覚える時期なので、焦らずにペダル無し練習をさせてください。

足を宙に浮かせて乗れるようになったら、自転車にも簡単に乗れるようになるので次の段階に進みましょう。

ペダルを付けて練習する

いよいよ、子どもの自転車練習も佳境に入ってきました。

レンチか自転車屋さんでペダルを取り付けてください。

最初の何回かは、ペダルが付いてない時と同じように、足を付いて練習させましょう。

しっかり足を付けて前に漕ぎ出せたら後ろを大人が支えている状態でペダルに足をかけさせます。

実は、ペダルに足をしっかり乗せるまでが一番危険で自転車が倒れやすいのです。

いきなり、自分で足をのせる所までできませんので、親がしっかり後ろかイスの部分を持って安定させてください。

慣れてきたら、前のかご部分を大人が支える状態で子どもを自転車に乗せて、足をペダルに奥までを練習します。

足が何度も置けるようになったら、今度は後ろで大人が支えましょう。

子どもがちゃんとペダルに乗せて回せるようなら、黙って手を放してあげると良いです。

子どもは大人が支えてくれていると思って安心しています。

ちょっと離れたら手を放していることを教えてあげると良いでしょう。

子どもは一人で乗れたことに喜びますので、褒めてあげてください

親の心構え(叱らない)

根気よく付き合おう親が子どもに何かを教えることって、実はそんなに多くはありませんし、基本的な生活習慣とは違って、自転車の使い方を教えるのは、子ども1人に対して数回ほどが普通です。

つまり、子どもが成長していくうえで、自転車練習というのは、親子のコミュニケーションにもなるし、思い出にもなる一大イベントと言っても過言ではありません。

そんな大事な自転車練習で、ずっと怒っている親御さんもいるでしょう。

子どもが言ったとおりにできない、何回やっても失敗すると大人はイライラします。

しかし、実は子どもが悪いのではなく、大人の教え方が悪いのかもしれないのです。

いきなり、補助輪を外して一人で練習させても子どもは自転車に乗れません。

大人からすると、自分は乗れるのにちゃんとやればできるはずだと思い込んでしまうのです。

このような親の勝手な思い込みは論外でしょう。

特に、自転車の練習をしている時に叱るのは良くありません。

誰でも最初は自転車に乗れなかったはずなので、自分が子供の頃どうだったか思い出してください。

自分が子供に上手く自転車の乗り方を教えられていないという風に考えて、あきらめずに優しく教えてあげれば、子どもにも良い思い出として自転車練習が残るはずです。

親の心構えとしては、叱らない、褒める、何度も繰り返す、というのが基本になります。

かわいい子どもの成長を噛みしめながら自転車を教えてあげましょう。

自転車教室

最後の手段は自転車教室色々と自転車に子どもが乗れるための方法をご紹介しました。

でも、中には子どもに自転車を教える時間がない、上手く教えられないという人もいるのではないでしょうか?

そんな方におすすめなのが自転車教室です。

自転車教室は、自転車屋さんが主催するものもあれば、自転車協会や博物館などが主催するものもあり、ほとんどの場合が無料で利用しやすくなっています。

しかも、自転車の乗り方を指導する専門家が教えてくれるので、たった30分で自転車に乗れるようになった子も続出しているのです。

30分で乗れるようになる自転車教室のスケジュールは次のようになっています。

  • ペダル無し自転車で歩く
  • ペダル無し自転車で曲がる
  • ペダル無し自転車で止まる
  • ペダルを付けて自転車に乗る

これだけで30分以内に自転車に乗れる子がたくさんいます。

ペダル無しで自転車に乗ることによって、自転車のバランスを子ども達が体で覚えるのです。

バランスがしっかりしてくると、フラフラしなくなるので、見計らって、自転車の曲がり方や止まり方を練習します。

ちゃんと曲がったり止まったりできるようになれば、問題なく自転車に乗れるようになります。

最初のうちはフラフラするので、親が後ろで支えてください。

子どもは覚えるのが早いので、自転車のコツをつかむのも早いです。

あっという間に自転車の乗り方を覚える子どももいるので親の方がビックリするかもしれません。

親子で自転車教室に参加して、短時間で自転車に乗れるようになりましょう。

❏こちらの記事も人気があります

200view
ママと一緒に幼児教室

幼児教室を選ぶ際、まず気になることは学べる内容だと思います。 年齢ごとにできるようになったほうが良いこと、適した環境は異なります。 近所に幼児教室があり、気軽に通えるのであれば、ぜひ体験教室に参加して ...

229view
集中力を付けられる時期

4歳になると、身体のバランスが取れ、おしゃべりも上手になります。 身の回りのことがある程度自分でできるようになるので、赤ちゃんの頃を思うとすっかりお兄さん・お姉さんになったなと思う時期です。 また、保 ...

106view
おすすめ英会話教室

近年、幼児養育英会話教室などが人気になっていますが、その中でも今注目されているのがオンライン英会話スクールです。 英会話教室とオンライン英会話スクール、それぞれにメリットデメリットがあるので、どちらが ...

35view
幼児教室のプログラミング教室とは?

2020年から、小学校ではプログラミングが必修化されることが決まりました。 これを見越して、幼児教室としてのプログラミング教室が増えているのをご存知でしょうか? こちらでは、プログラミング教室に幼児が ...

43view
自宅で学習する小学生

小学校のお子さんをお持ちの親御さんの中には、家で子供が家庭学習をしないことに悩んでしまっている方も多いのではないでしょうか。 通信教育や学習塾、家庭教師など小学生の勉強スタイルも色々あると思いますが、 ...

-コラム

Copyright© 幼児教育なび|心と身体の成長を幼児教育でしっかりサポートおすすめ幼児教室 , 2020 All Rights Reserved.